fc2ブログ

アラマルーツ-naturamaナチュラマ-

アラマルーツ-naturamaナチュラマ-

-
最近は毎日と言っていいほど少年犯罪のニュースを目にする。
今日は妻と子供を殺された方が少年の死刑を望んでいた。
もう有名な事件だからどなたかは察しがつくだろう。所詮僕は他人なので軽はずみなことは言えないが、この事件のニュースで殺された親子の写真を見るたびに心が詰まる。

また、この方はこれまでの10数年この事だけに人生を捧げて闘っている事を考えると寂しくなる。
早くすべての事が解決して幸せになって欲しい・・・

ちなみに少年が友人に宛てた手紙がマスコミに公表されているが、すこし疑問が残る。
卑劣な内容に裁判に影響するであろう手紙がなぜマスコミに流出するのか?それも少年からその卑劣な言葉を引き出させようとする質問形式の手紙・・・結果的に再審のきっかけになったので良かったのかもしれないが、この友人の行動もどこかおかしいような気がする。少なくとも犯罪を犯した少年から見れば裏切者でしかないだろう。

少年はすでに26歳らしい、犯罪を犯した時は精神年齢も低いから少年法で守るべきだが、刑務所で成人になれば罪を償う上でも名前を公表するべきだと思うのだが、僕は間違っているのだろうか・・・


そう言えばあの酒鬼薔薇聖斗はすでに社会復帰しているらしい。
少年だからといって二人も殺しておいて社会復帰できる日本社会・・・
法治国家といいながらこんな甘い国は他にはないだろう。

30年ほど前に酒鬼薔薇聖斗のように友人の首を切って殺した少年がいたそうだ。拘留中彼は遺族に保障を約束して社会復帰した。
そしてなんと弁護士になっているそうだ。
ここまで聞いたら立派に構成した少年と褒め称えられるのかも知れないが、その後遺族に対して約束の保障もせずに悪態を付いていると言う。

元犯罪者が弁護士になれる不思議の国、日本!

ちなみに奈良の放火殺人の少年の弁護士がにやにや笑っていたのが何とも腹立たしかった。

もしも自分の家族が殺されたら僕は犯人を許せるだろうか・・・
許せるはずないか。。。

キリスト・アラー・仏陀・天照・・・なんでもいいから神様が本当にいるのなら犯罪のない世界にしろってんだ!

いや、神様は悪くないか・・・子供のしつけはぜんぶ親の責任だな。
まずは大人がモラルとルールを守っていけば社会は変わるのかもしれない。
スポンサーサイト



Posted by